Easy Go!! BLOG


おきがるぶろぐです
by hikki-k77
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
最新のトラックバック
カメムシと格闘
from カメムシ
検索

カテゴリ:フィッシングメンテナンス( 7 )

脱皮

ワタシにとってGW明けの風物詩・・・ その名も脱皮!(笑)
e0032611_23402746.jpg

やっぱり、今年もやっちゃいました・・・(×_×;)

真夏の炎天下では、流石に日焼け止めクリームを塗りますよね。
でも特にこの時期は、つい釣りに夢中になって紫外線対策を怠ると 大変なことになります。

・・・・ワタシのようにね 007.gif


スキンケアも フィッシングメンテナンスのウチ! 
強い日焼けしてしまった後に、慌てて 奥さんの化粧品に頼らない様にしましょうね(笑)

・・・・ワタシのようにね 037.gif


みなさま、季節柄 ご自愛くださいませ  040.gif
[PR]
by hikki-k77 | 2008-05-14 00:18 | フィッシングメンテナンス

お掃除

芦田川に行こうと思っていたのですが、
今日の天気は、みぞれまじりの雨・・・・057.gif

そこで久々にタックルのお掃除をしました。
e0032611_191998.jpg


More・・・
[PR]
by hikki-k77 | 2008-01-20 20:26 | フィッシングメンテナンス

アンタレス

カルテ№2 アンタレス
e0032611_2248054.jpg

先日またまた会社の後輩に、リールの調子を見てほしいとの依頼・・・

症状としては、最近投げた時に微妙に異音が発生する・・・と言うことらしいのですが、この『異音』っていろんな原因があり、結構難しい症状なのですよ。。。

先ずよくあるケースにベアリングの磨耗。オイル切れによるベアリング焼けもこの時期よくあるケースですね。これは症状が浅ければ、注油で直るケースと 最悪ベアリングを交換をしなくてはいけないケースとがあります。

次にシャフトの先端の磨耗・ゆがみ、メカニカルプレート(銅板)の磨耗によるズレから発生する異音が考えられるのですが、これは軽くメカニカルを締めて、明らかにスプールが左右どちらにか寄っていたら、それが原因を思われます。銅板だけであればひっくり返すだけで元に戻りますが、シャフト先端の磨耗・ゆがみでしたら、スプール交換が必要です。

あと、意外とよくあるケースに・・・
最近のリールは精密なだけに、ゴミ等が付着した時に起こる擦れ音や
スプールの糸がフケていただけでも、パタパタ音がしてきますね。

で、クライアントのリールの場合は、見るからにシャフトのズレは無く、プレートの磨耗も見られないですし、低速回転時では気になる異音も確認出来ませんでしたので、ワタシはお掃除&注油をメインに、リールメンテナンスを実行いたしました。

その後、実釣してただいた結果・・・・ 異音は無くなったと聞いてほっとしています。
[PR]
by hikki-k77 | 2006-09-21 00:15 | フィッシングメンテナンス

お掃除

会社の後輩が、『昔酷使したリールを再び使ってみたい!』という事で・・・
お掃除メンテナンスをしてみました。
e0032611_074243.jpg

用意するアイテムは、EGウォーター・ウェス・オイル・グリス・綿棒など・・
ごく一般的なシロモノです。
先ずは、リール本体をオープン。 うむむ・・・ 画像では見にくいですけど、
結構リールシート廻りはオイルに絡んだ汚れがいっぱい・・・・
e0032611_0202833.jpg

そこでベアリング部をマスキングして、EGウォーターを一吹き。あとは歯ブラシ・
綿棒・ウエス等ででこびりついた汚れを除去。これだけで結構綺麗になります。

しばし自然乾燥。その後、ベアリングに軽く純正オイルを注油をし(付け過ぎは×)
レベルワインダー部に軽くグリスアップしてやると完成~♪これだけのメンテナンスでも、意外とスムースな巻き心地がよみがえってくるものです。

ちなみにこのリールはダイワなので、メンテナンスの基本は純正オイルとグリスを
必ず使用して下さい。上記画像の様な純正外(チューンオイル)を使用したことによって、何か支障が発生した場合は、それはチューンとみなされ、メーカー保障外となる恐れがあります。チューンオイルを使用の際は自己責任の上でご活用下さい。
[PR]
by hikki-k77 | 2006-09-12 00:53 | フィッシングメンテナンス

リールメンテ

今日はちょっぴり時間が空いたので、リールのパーツ交換を行いました。
e0032611_22545732.jpg

と言っても、私が使っているSXの定基本的な消耗品の交換です。

e0032611_22564365.jpg

                    ↑↑↑↑↑
先ずは、どのリールにも共通のこの銅板。 メカニカルブレーキで、シャフトが接触する銅板ですね。くぼんだらひっくり返したりしますが、あまりにも接点が磨耗してたり変形したものは、即交換した方がいいでしょう。 それだけでも、意外と巻き心地がスムースになります。 リールによっては、部所によっても 厚み・大きさが異なるので、注文の際にはパーツガイド等を確認する事が必要です。

e0032611_23123161.jpg

                    ↑↑↑↑↑
続いて、SX Hi-SP用の遠心ブレーキ。 これはベークライトという素材です。
初速が速いのがウリなんでしょうけど、これこそまさに消耗品。
ベアリングの油がまわってきたり、磨耗によるブレーキの甘さを感じたら
即交換します。 

e0032611_23254563.jpg

                    ↑↑↑↑↑
ご存知の方も多いと思いますが・・・・・ 最後にちょっぴり純正チューン。
IVCBの初速には戸惑っている方も多いと思います。
そこで、特にIVCBの左巻きを使用されている方に朗報です。

IVCB純正は2個のブレーキなのですが、最大は4個まで組み込むことができます。
上記のアームとブレーキ(別々のパーツ)をもう一組組み込むだけで、(3ブレーキ)
レンジ10の調整ならレンジ5の調整ですみます。 つまり調整幅が増えると言う事はグッと扱いやすくなります。といっても、初速を抑えつつ飛距離はほぼ変わらないので これはお勧めチューンですよ♪
[PR]
by hikki-k77 | 2006-06-22 00:17 | フィッシングメンテナンス

リールメンテナンス

今度は、別の機種のレベルワインダーの調子がおかしい・・・
途中でレベルワインダーが止まったり、引っかかった感じがします。
またか・・・ と思いつつも、やはり4~5年酷使すればしかたがないのかな?
でも愛着があるからこそ、簡単なメンテナンスは自分で行いたいものですね。

前回の様に、レベルワインダーから負荷がかかって、内部ギアの破損に
ならない様に、今回はパーツを取り寄せ、自分でメンテナンスを実行しました。
e0032611_22555132.jpg

先ずはレベルワインダー下部のネジを緩めると、刃型の部品が
ぽろっと出てきます。
上記の症状は、ほとんどこの下のパーツの磨耗によることが多いようですね。
e0032611_231647.jpg

                 ↑↑↑↑↑↑
上が使用後の磨耗品。 下は新品♪ (600円) 
新品の刃の部分にグリスアップを施し、再びそれをレベルワインダー部に挿入し
ネジを締めればメンテナンスは終了♪ 簡単ですね(^^)

引っかかりも無くなって、巻き心地もなめらかになり、満足!満足! です。
[PR]
by hikki-k77 | 2006-04-05 23:58 | フィッシングメンテナンス

お掃除 

汚れの目立ってきた愛用リール・・・
どうしても マッディーエリアの釣行では避けようの無い事ですね。
でもやはり、リールメンテナンスの基本はお掃除です♪
と言う事で、今日はベイトリール4台お掃除しちゃいました。
e0032611_21514776.jpg

ケースを開けたところ。 私も最近マッディエリアの釣行が多く・・
汚れがいっぱい(^^ゞ
e0032611_2245357.jpg

EGスーパーウォーターで、汚れのヒドイ リールシートまわりにひと吹き。
(ベアリングにかからない様に注意)
e0032611_21591266.jpg

歯ブラシでゴシゴシ・・・ 綿棒・爪楊枝も使って丁寧に♪
(ベアリング等に汚れが飛ばない様に注意)
e0032611_21592660.jpg

ウエスで汚れをきれいに拭き取り、ピッカピカ~☆
e0032611_21594138.jpg

基本的な注油をして、出来上がり~♪
e0032611_21595645.jpg


所要時間:約1時間(4台)

年末も近い事ですし、この一年頑張ってくれたリールにも
愛情を込めてピッカピカにしましょう~♪
[PR]
by hikki-k77 | 2005-11-28 23:03 | フィッシングメンテナンス


ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧