Easy Go!! BLOG


おきがるぶろぐです
by hikki-k77
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
最新のトラックバック
カメムシと格闘
from カメムシ
検索

アンタレス

カルテ№2 アンタレス
e0032611_2248054.jpg

先日またまた会社の後輩に、リールの調子を見てほしいとの依頼・・・

症状としては、最近投げた時に微妙に異音が発生する・・・と言うことらしいのですが、この『異音』っていろんな原因があり、結構難しい症状なのですよ。。。

先ずよくあるケースにベアリングの磨耗。オイル切れによるベアリング焼けもこの時期よくあるケースですね。これは症状が浅ければ、注油で直るケースと 最悪ベアリングを交換をしなくてはいけないケースとがあります。

次にシャフトの先端の磨耗・ゆがみ、メカニカルプレート(銅板)の磨耗によるズレから発生する異音が考えられるのですが、これは軽くメカニカルを締めて、明らかにスプールが左右どちらにか寄っていたら、それが原因を思われます。銅板だけであればひっくり返すだけで元に戻りますが、シャフト先端の磨耗・ゆがみでしたら、スプール交換が必要です。

あと、意外とよくあるケースに・・・
最近のリールは精密なだけに、ゴミ等が付着した時に起こる擦れ音や
スプールの糸がフケていただけでも、パタパタ音がしてきますね。

で、クライアントのリールの場合は、見るからにシャフトのズレは無く、プレートの磨耗も見られないですし、低速回転時では気になる異音も確認出来ませんでしたので、ワタシはお掃除&注油をメインに、リールメンテナンスを実行いたしました。

その後、実釣してただいた結果・・・・ 異音は無くなったと聞いてほっとしています。
[PR]
by hikki-k77 | 2006-09-21 00:15 | フィッシングメンテナンス
<< 島根県 コミュニケーション >>


ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧